竹炭専門メーカ日本エイム・支払い方法・お問い合わせ

竹炭の製造・卸・販売。床下湿気対策!竹炭倶楽部、竹炭パウダー、竹酢液などの販売

home|竹炭倶楽部の特徴・試験結果【竹炭メーカー日本エイム】

竹炭倶楽部の特徴・試験結果【竹炭メーカー日本エイム】

日本エイムの竹炭について

弊社の竹炭の原材料となる孟宗竹は、中国奥地で生息する標高500m以上の高地で育成した孟宗竹を使用しています。約5~7年物の硬くて絞まった密度の高い孟宗竹を、800度~1200度の備長窯で焼き上げた高温焼き竹炭です。

厳選したものを、高温の備長窯で焼き上げ炭化し、炭素率をあげることで不純物を取り除き、安心、安全な製品をお届けいたしております。

音でわかる!良い竹炭と悪い竹炭の動画

竹炭倶楽部が高品質の理由

(1)竹炭倶楽部の原材料「備長焼竹炭」とは ▶

・備長焼竹炭とは厳選された原材料選び
・備長焼竹炭とは

(2)公的機関による実証実験 ▶

・備長焼竹炭の吸湿・性能試験
・ガス(ホルムアルデヒド)脱臭性能試験

(3)製造加工状況、品質管理 ▶

・原材料の調達から製造、品質管理、輸入までを一貫しています

(4)大学との共同研究 ▶

・備長焼竹炭とは厳選された原材料選び
・組成分析
・性能検証

(1)竹炭倶楽部の原材料「備長焼竹炭」とは

厳選された原材料選び

成長した孟宗竹5~7年のものを使用

孟宗竹は、5年から7年で大人の竹に育成します。その後、地中からの養分を吸い上げる力が弱くなり、次第に竹の内部にためこんだ養分だけで生き続け15、6年で枯れていきます。竹炭倶楽部の孟宗竹は、一番成長した5年から7年ものを原材料にしています。みずみずしい生育したおとなの孟宗竹だけを使用、枯れかけた孟宗竹や若い生育中の竹は使用しません。

標高500m以上の高地で生育した孟宗竹を使用

朝晩の寒暖の差がはげしい高地で育った孟宗竹は、堅くて良く絞まった竹に成長します。この孟宗竹は備長焼き竹炭を作るのに最適な原料となります。一般の竹炭(平地に育成した竹を原料にしたもの)と備長窯で焼いた竹炭とは堅さ絞まりが格段に違います。

  • 原料

    大自然で育った原料

    備長焼竹炭の原料になる中国(china)の孟宗竹。
    標高500m以上の大自然の高地で育成した孟宗竹を使用。

  • 孟宗竹

    固くて良く絞まった孟宗竹

    5~7年の孟宗竹を使用します。この時期の孟宗竹は備長焼き竹炭を作るのに最適です。

備長焼竹炭とは

伝統的製法による孟宗竹の炭化

備長焼工法は白炭作りとも呼ばれ、800度~1200度の備長窯で炭化し、窯から直接炭を取り出し消し粉をかぶせて冷やします。一般に使用されている木炭は、備長窯を使用せず約400度~800度で炭化し、窯から取り出さずに自然に温度が冷める黒炭が多く、白炭に比べて炭質が柔らかく安価です。竹炭倶楽部の竹炭は、伝統的な備長窯を用いて高温で焼き上げ、竹炭の原型をとどめるため、窯から取り出さず自然な状態で冷やして作り上げた備長焼き竹炭です。 ※竹炭倶楽部は備長窯を用いて製炭しておりますが、通電性等を保障するものではありません。

  • 備長窯

    備長窯で炭化

    備長焼竹炭を焼上げる備長窯。

  • 高温炭

    伝統的な製法

    800℃以上で炭化しています。

備長焼竹炭のできあがり
伝統的な白炭技術を用いて炭化された、硬くて絞まった備長焼竹炭

(2)公的機関による実験

備長焼竹炭の吸放湿性試験

一般財団法人建材試験センター 中央試験所

試験方法

JIS A 1470-1(建築材料の吸放湿性試験方法-第1部:湿度応答法)に準じて行った。

試験条件

湿度条件 中湿域
養生 23℃ 50%
吸湿過程
ステップ1
23℃ 75%
放湿過程
ステップ2
23℃ 50%
サイクル数 1

吸湿する量の目安29g/㎡の
約2.5倍(73.5g/㎡)

試験結果
12時間後の吸湿量
(g/㎡)
73.5
12時間後の放湿量
(g/㎡)
67.1
畜湿量
(g/㎡)
6.4

竹炭倶楽部の試験データ

空気中の湿気が多い時には吸湿し、少ない時には放湿する。吸湿、放湿過程が山なみのグラフに表れている通り、優れた調湿効果を発揮していることが明らかである。

調湿建材判定基準

調湿建材判定基準

優れた調湿効果を発揮

調湿材に適合する吸湿量29g/㎡の約2.5倍である73.5g/㎡の調湿効果を持つことが、上記の試験で確認できました。また、放湿量においても吸湿量の70%以上が必要という判定基準に対して、91.3%67.1g/㎡であることが確認できました。

【ガス(ホルムアルデヒド)脱臭性能試験】

財団法人化学物質評価研究機構

試験方法

試料を20Lのテドラーバック内に入れ密閉した。その後、試験用ガスを充填し、経過時間ごとに試験用ガスの残存濃度を測定した。また何も入れないものを空試験とした。 【試料量】 試料炭を10cm×8cmの広さに重ならないように入れた。 質量 32.8g
【試験用ガス】 ホルムアルデヒド 10ppm,20L
【測定温度】 室温
【測定時間及び回数】 30分後、1時間後、2時間後、3時間後、4時間後、5時間後、6時間後、7時間後、8時間後及び24時間後 計10回測定
【分析方法】 検知管法 91,91 L,91 LL

試験結果

竹炭倶楽部の試験データ2

ホルムアルデヒドガス残存濃度曲線図

竹炭倶楽部の試験データ3

優れた有害物質吸着効果

24時間後は、ホルムアルデヒド濃度10ppmが0.05ppmまで低下させることができた。したがって備長焼竹炭は、有害物質吸着効果に優れていることが確認できた。

(3)製造加工状況、品質管理

竹炭の製造過程1

竹炭の製造過程2

竹炭の製造過程3

竹炭の製造過程4

(4)大学との共同研究

【共同研究】

福岡工業大学 工学部 機能材料工学科 鹿谷研究室 (研究内容/竹炭パネルの調湿に関する研究)

【実験研究】

福岡大学 工学部 建築学科 須貝研究室 (炭を利用した床下の湿度環境改善に関する実験的研究)

健康な住宅を求めて

炭には無数の空洞があります。その空洞は様々な物質を吸着してくれます。特に湿気の多い日本ではそれらを大量に吸湿してくれます。 例えば、梅雨期や夏季などには湿気を吸湿してくれるので、カビの発生の防止、それによるカビや腐朽菌なども繁殖しない様にし、耐久性のある住まいになります。

日本は地震も多いし台風もあります。その時に横からの力が発生し土台に伝わってきます。それらに対して乾燥した床構造になっていますので十分対応してくれます。そのために炭を多用に活用することが、健康な住まいを維持するだけでなく住む人の健康にもつながります。

竹炭の重量変化

須貝 高(すがいたかし)

福岡大学工学部建築学科教授
1976年3月東京大学建築学科博士課程修了。
工学博士取得。一級建築士。
健康住まいづくり研究会・住まいづくり研究会主宰。

体の健康を育む住まいづくり、心の健康を育む住まいづくり、建築の健康(耐久性)を育む住まいづくりのコンセプトを確立。その普及啓蒙を各地域のホームビルダー・工務店に実施中。一方では、家を建てる方々にその重要性を知って頂く為、各種雑誌・新聞に執筆、講演活動中。また、テレビでは「ためしてガッテン(NHK)」「おもいっきりテレビ(日本テレビ)」などに出演。

オススメ商品

人気商品

topへ戻る